山本製作所( 1/144GUNPLA)

1/144のガンプラRG、HGを中心に素組+αで制作、レビュー

HGUC196 1/144 グフ(3)制作編〜胸部・頭部、仕上げ前の一手間〜

どうも、山本製作所、山本です。

今回は胸部・頭部の制作です。

↓胸部・頭部の部品です。各部品スミ入れは済んでいます。

f:id:momiage6955:20160817114215j:plain

赤で囲った部品にツヤ消しスプレーをかけて行きます。

 

その前に、ちょっと一手間を2ヶ所加えます。

写真左側、胸の部分、クリアパーツで表現されていますが、周りが紺色のせいか黄色が沈んでしまうので、右側のように明るくしたいと思います。方法は簡単!

f:id:momiage6955:20160817120001j:plain

 

写真左、赤丸の部分に、100円ショップで売っているラピーテープの銀色を適当な形にカットして貼るだけです!上にパーツが被さるので適当でOK!

f:id:momiage6955:20160817131725j:plain

これで胸元がキラッとして格好良いかなと思うのですが、まあそこは個人の好みですね。つや消しスプレーをかけるので一旦、ラピーテープは剥いで、大切に保存しておきます。

 

もう一つ、通常HGシリーズの頭部モノアイはシールでの再現がほとんどですが、僕はこれまた100円ショップで売っている、ラインストーンピンバイを使ってキラキラお目目にします(笑)

f:id:momiage6955:20160817133034j:plain

ラインストーンは携帯とかネイルとかデコるのに使うやつ、ピンバイスは0.5mm〜3.0mm程度の穴をあける工具です。最近の100円ショップは何でも売っていてとっても使えます!

作業工程を写真に収めるのを忘れてしまったのですが、

◎まず1mmのピンバイスで穴を開けたいところに、ずれないように慎重におく

◎ゆっくりと回していきある程度溝が出来たら、今度は1.5mmのピンバイスを溝にあて、ゆっくり回し溝を広げます。

◎次にその溝に……と言う感じで少しずつ穴を広げ、貫通はさせなくても良いかと思います。目的の大きさのラインストーンがハマるぐらいの溝ができたらそこにラインストーンをはめましょう。

※別なガンプラの制作で作業写真を載せます。僕のヘタクソな文章ではイマイチ伝わらないだろうから(笑)

↓そうして出来たのがこちら。

f:id:momiage6955:20160818012351j:plain

シールと違い飛び出しているので(写真左)、頭をかぶせると引っかかってしまいます。(写真中央)なので頭部裏側をデザインナイフで削りました。どうせ見えない所なので大胆に行きましょう。(写真右)

 

これで一手間、2ヶ所は終わりです。次はいよいよつや消しスプレーをかけて胸部・頭部を仕上げて行きます。

HGUC 196 機動戦士ガンダム グフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル