読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山本製作所( 1/144GUNPLA)

1/144のガンプラRG、HGを中心に素組+αで制作、レビュー

HGUC200 1/144 百式(2)制作編〜胸部・頭部の制作〜

ガンプラレビュー 百式編

山本製作所の山本です。
百式、胸部・頭部 の制作です。

前回も述べた通り、今回は金色の部分はタミヤのカラースプレー、ゴールドで塗装をしますので、下の部品全てにスプレーをします。

f:id:momiage6955:20160901192113j:plain

缶スプレーでの塗装はあまりやった事がないので、少し緊張します。
最初仮組みとかはやめて、切り離さないでランナーごとスプレーを吹こうかと思いましたが、バラしてスプレーすることにしました。その方が仕上がりが良いような気がするので。

下地処理などは一切していません(笑)

では頭部と胸部の金色の部品にスプレーをします。

部品とスプレーを15cm位話して塗装、乾いてからもう1回、
計2回塗りで↓こんな感じです。

f:id:momiage6955:20160901194906j:plain

いい感じで塗れたと思います。
その他の胴体などの部品は、つや消しスプレーを吹いて、
タミヤウェザリングマスターFセットでエッヂに着色をしています。

 

早速金色部品の溝にタミヤスミ入れ塗料黒を使ってスミ入れをします。が、

うまくいかない!塗料で溝が浅くなったのか、綺麗に塗料が流れて行かない。

乾いてから綿棒などにエナメル溶剤を染み込ませて、
ハミ出した部分を拭き取りますが何故か金色もハゲてくる……

スプレーはラッカー系、スミ入れ塗料はエナメル系、
ラッカーはエナメル溶剤でハゲないはずなのになんで?

下地処理をしていないから定着が悪いのか?わからん。

とりあえずもう一度スプレーをして、スミ入れ。
今度は優しく優しくハミ出したところを拭き取ります。

やはり少しハゲてきますが、先ほどよりは大分マシです。

そんなこんなで組み立てたのが下の写真。

f:id:momiage6955:20160902165947j:plain

金色塗装で一気に百式らしくなって来ました。
少し手間ですが手間をかけるだけの価値はあると思います。
完成度がワンランク上がる気がします。
エッヂが際立つというか、成型色の時よりシャープな印象になります。

頭部のセンサーの部分、目の部分は付属のシールを貼っています。
目のシールは選べる3タイプ!(笑)
(通常の真っ黒、ガンダムみたいなデュアルアイ、走査線タイプ)
僕は走査線状のシールを選びました。そこはお好みで。

 

百式のゴールドは作る人によって、ゴールドの選択も様々でしょう。
僕は色弱で細かな色の判断が鈍く、しかも色に対するこだわりもそんなにないので、
一番入手しやすいタミヤのゴールドを使いましたが、
エアブラシ塗装をする、こだわり派のあなたはガンダムカラー XUG06 百式ゴールド が9月に発売されるので、それで塗装してみるのも素敵かもしれませんね。

 

次、腕部の制作に続きます。

 

今回の制作に使ったアイテム。