山本製作所( 1/144GUNPLA)

1/144のガンプラRG、HGを中心に素組+αで制作、レビュー

RG MS-06S ZAKUⅡ シャア専用ザク(2)〜脚部製作〜

本日は、RGシャア専用ザクⅡ、脚部を製作します。

 

f:id:momiage6955:20180124184221j:plain

ゲート処理、スミ入れは終わっています。

写真手前の丸いパーツは、足首よりちょっと上あたりに付く

バーニアです。

後でシルバーに塗ろうかなと思い、

割り箸に両面テープを貼り、

そこにバーニアを付けて置きます。

塗る時も楽だし、何よりとても小さなパーツですので、

紛失防止にもなるかと思います。

外装になるピンクのパーツにはダークブラウンで、

グレーのパーツ(足裏部分)は黒でスミ入れしました。

 

f:id:momiage6955:20180124184935j:plain

RGと言えば、このフレーム(骨組み)。

これに外装等のパーツをはめて行って完成します。

外装が動くムーバブルフレームなど、

RG独特のギミックを生み出します。

早速組んで行きます!

 

説明書通りに進めれば特に問題なく

仕上がると思います。

f:id:momiage6955:20180124185735j:plain

外側の装甲を取り付けるための部品を組んだところです。

メカニカルで格好良いです!

f:id:momiage6955:20180124190815j:plain

これに外装を取り付けます。

分割が細かいですね。さすがRG!

こちらも説明書の順番通りに作れば

問題なく仕上がります!

 

f:id:momiage6955:20180124191947j:plain

写真黒丸部分、本当は先にバーニアを取り付けてから、

外装を被せるのですが、先ほど触れたように、

バーニアはシルバーで塗りたいので、

塗装後、取り付けたいと思います。

後からでも問題なく取り付け出来そうだし。

足裏、赤丸部分のバーニアもシルバーで塗りたいので、

組み立てはここまでにして置きます。

ちゃんと組んでしまうと、塗りづらくなってしまうので。

 

足首のスカート?製作時に気づいたのですが、

裏側にもモールドが入っています。

さすがリアルグレード!

ここもダークブラウンでスミ入れしちゃいます。(笑)

 

ピンクの外装も良いですね。

一色ではなく濃淡がついていて。

 

f:id:momiage6955:20180124193524j:plain

膝も二重関節でよく曲がります。

それと連動するように外装も動く、ムーバブルフレーム。

RGの名物ですね。

このシャアザクは、初期のRGなので

少し動き方が過剰な気がします。

最近のRGはこんなに動かない気がしましたが。

 

 

続いてはデカールを貼って行きます。

これが細かい作業で、老眼ギミの僕には

少し辛く感じる作業です。

でもデカールを貼った方が、

より兵器というかリアル感が増すので

面倒くさがらずに貼りたいものです。

f:id:momiage6955:20180124195304j:plain

写真だと分かりづらいかもですが、

順調にペタペタ貼っています、が、

 

f:id:momiage6955:20180124195752j:plain

写真赤丸、パーツの際の部分、時間が経つと

デカールが浮いて来ちゃいます。

なんとかしたいのですが、

 

とりあえず、ない頭をひねって考えてみます(笑)

 

f:id:momiage6955:20180124201330j:plain

結果、このボンドでくっつけよう、になりました(笑)

多分デカールを犯さないはず。

確証はありませんが。

 

f:id:momiage6955:20180124201645j:plain

そのままでは、濃くて団子状態になりそうなので、

エナメル溶剤で少し薄めて、

デカール、浮いている部分の裏に爪楊枝で塗って、

接着してみました。

このボンド多少はみ出しても

あとからはみ出たところを爪楊枝などで

擦れば剥ぐことが出来ます。

 

さて、

 

 

今のところ上の写真のように、浮いてきません。

デカールも大丈夫そうです。

これは成功か?

 

しばらく様子をみてみます。

 

あとは動力パイプを取り付けて、

脚部、一旦完成です。

 

f:id:momiage6955:20180124202709j:plain

1/144スケールで一つ一つバラバラとは、

さすがRG。バネを芯にしてそれにハメて行きます。

芯がバネなので、関節の動きに自在に追従してくれます。

これはなかなか好きです。

 

f:id:momiage6955:20180124203228j:plain

パイプ一個一個にモールドが入っていますので、

ここもスミ入れをして置きました。

 

パネルラインが細かくて、本当に

格好良いです。

組み立てるだけでこのクオリティ、

さすがです。バンダイさん!

 

脚部の製作は一旦ここで終わりにして、

次の腰部や腕部の製作に行きたいと思います。

 

それぞれのパーツが揃ったら、

まとめてツヤ消しクリアを

吹きたいと思います。

 

本日はここまでです。