山本製作所( 1/144GUNPLA)

1/144のガンプラRG、HGを中心に素組+αで制作、レビュー

RG MS-06S ZAKUⅡ シャア専用ザク(5)〜胸部・頭部製作〜

今回は、RGシャア専用ザクⅡ、
頭部と胸部を製作します。

f:id:momiage6955:20180202162403j:plain

各部のパーツです。
相変わらず細かい分割です。
ゲート処理、スミ入れは終わっていますので早速組んで行きます。

 

1.胸部の組み立て

説明書通りに進めます。
特に組み立てづらいとかはありません。

細かいパネルラインで、色分けも完璧だし
合わせ目も出ません。

f:id:momiage6955:20180202163722j:plain

さすがRG!コックピットハッチの開け閉めが出来ます。
これに外部装甲を取り付けて行きます。

f:id:momiage6955:20180202164316j:plain

すぐにザクとわかる特徴的なデザインです。

f:id:momiage6955:20180202164825j:plain

裏側にバックパックを取り付けました。
鮮やかな赤で、少し浮いているような気がするのは僕だけでしょうか(笑)

バーニアはシルバーで塗りたいので後で取り付けます。

f:id:momiage6955:20180202165513j:plain

肩の部分前方があずき色、後ろがピンクと大胆なRGらしいアレンジです。
こうすると「合わせ目」という概念がなくなりますね。

次は腹回りに動力パイプを取り付けます。

f:id:momiage6955:20180202170616j:plain

MGザクとかもこの方式でしたっけ?
上の写真のように専用の芯にパイプを通して
その後でランナーから切り離します。

先にパイプの部品だけランナーから外してしまわない方が良いでしょう。
順番は変えない方が良さそうです。

おそらく芯のアールに馴染むようにしているのでしょう。
全部同じ形ではなく微妙に違うから先にバラして順番が
わからなくなると綺麗に芯に馴染まなくなりそうな気がします。

f:id:momiage6955:20180202170925j:plain

指定の数だけパイプを通したら、赤丸部分で切断します。

f:id:momiage6955:20180202174021j:plain

二つ作りましたら、胴体に取り付けて完成です。

f:id:momiage6955:20180202175045j:plain

肩の関節が結構前にせり出しますので、
ザクマシンガン両手持ちなどのポーズも
自然に決まりそうな気がします。

 

2.頭部

続いて頭部の製作です。

f:id:momiage6955:20180202175522j:plain

頭部も抜かりなく細かい部品分割です。
写真赤丸部分にピンクのパーツを被せたら、

f:id:momiage6955:20180202175752j:plain

鼻?口?の出来上がりです。
HGだと塗り分けなければなりませんが、
さすがRGです。楽です(笑)

f:id:momiage6955:20180202180324j:plain

写真だと見づらいですが、
モノアイを取り付けるパーツと台座にそれぞれ
歯車がついています。

f:id:momiage6955:20180202180707j:plain

上の写真のようにお互い噛み合いますので、

f:id:momiage6955:20180202181018j:plain

首を振れば、連動してモノアイも動いてくれます。
普段HGばかり作っているので、
RGはやっぱり凝っているなと関心させられます。

f:id:momiage6955:20180202182409j:plain

両サイドに動力パイプが付きますので、
先ほどの胸部と同じ要領で二つ作ったら、
取り付けて完成です。

f:id:momiage6955:20180202182701j:plain

モノアイとカバーはクリアパーツを使用しますが、
先にツヤ消しクリアをかけてその後に取り付けます。

せっかっくのクリアパーツにツヤ消しをかけたら
白く濁ってしまいますので。

 

最後にそれぞれデカールを貼ります。

f:id:momiage6955:20180202183055j:plain

 デカールが貼り終わりましたので、
前回まで作ってきた腕部や脚部等と一緒につや消しクリアをかけるので
ここで一旦終了です。

 

次回は武器類、部分塗装などです。

良かったら覗きに来てください。