読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山本製作所( 1/144GUNPLA)

1/144のガンプラRG、HGを中心に素組+αで制作、レビュー

タミヤ1/24スポーツカーシリーズ No.333 ラ フェラーリ(2)〜エンジン部分製作〜

説明書に従い、エンジンから組み立てます。

f:id:momiage6955:20170221180308j:plain

写真青丸で囲った部品は、
すべてエナメル XF-16 フラットアルミ 80316【タミヤ/TAMIYA】
での塗装指示ですので、
先に組み立ててから、筆塗りします。

f:id:momiage6955:20170221184751j:plain若干ムラになっていますが、
ほとんど隠れてしまうのでこれでOKです。

f:id:momiage6955:20170222165423j:plainエキゾーストマニホールドは、
指定色はタミヤ エナメル塗料 クロームシルバー ですが、

Mr.カラー スプレー S8 シルバーがあったので、
これを噴きました。

f:id:momiage6955:20170222170128j:plainマフラーは塗り分けがないので組み立ててから、
エキマニと同じく、Mr.カラー スプレー S8 シルバーを使用しています。

 

f:id:momiage6955:20170222170943j:plain
エンジンヘッド部分、成型色が暗めの銀色で、
そのまま塗ると赤がどす黒い汚い赤になりそうなので、
Mr.ベースホワイト B518を噴いてから、

タミヤ エナメル XF-7 フラットレッドを筆塗りします。

その方が綺麗に発色してくれて良い感じです。

f:id:momiage6955:20170222171751j:plain
エンジンヘッド、
さらにタミヤ エナメル塗料 X18 セミグロスブラック

タミヤ エナメル X-11 クロムシルバーで塗り分けます。

写真下の黒いベルト?のような小さな部品、

タミヤ エナメル XF1 フラットブラック
セミグロスブラックで塗り分けました。

これ見えなくなってしまうので、
どちらか一方の黒で塗ろうかと思いましたが、
説明書の指示に従うと決めたので、
見えなくなってもちゃんと塗ろうと思います!

 

f:id:momiage6955:20170222175445j:plain
エンジン等をマウントするシャシー部分、
両面をMr.カラー スプレー S92 セミグロスブラックで塗装、
サスペンションを固定する部分は、フラットアルミで筆塗りしました。

 

さて、エンジン周りの部品が揃いましたので
組み立てて行きます。

f:id:momiage6955:20170222175944j:plain
なかなかメカニカルで格好良いです。
こだわる方は細いビニールパイプ等で、
エンジン、ギアボックス等に配線を施すのでしょうが
僕には出来ません(笑)
これで十分満足しています。

f:id:momiage6955:20170222180635j:plain後に取り付ける、後輪タイヤハウスを支える支柱?
の様な部品(セミグロスブラックで筆塗り)とドライブシャフトを取り付け、
エンジン部分完成です!

f:id:momiage6955:20170222181307j:plain

ドライブシャフトは、
セミグロスブラック、フラットブラック、タミヤ エナメル X31 チタンゴールド
で塗り分けました。

僕の作り方がおかしいのか、
塗料の厚みのせいなのか分かりませんが、
ドライブシャフトがうまく穴にはまらず、
少し削って差し込みました。

慣れないボンドでの接着作業に悪戦苦闘です(笑)
はみ出さない様に慎重になりすぎて、
ボンドの量を少なくしたら後から取れたりして、
少しイライラさせられます。

ガンプラのスナップフィットは素晴らしい!
今更ながら実感しております。(笑)

 

塗り分けも多いので、時間がかかり、
なかなか作業は進みませんが、 
でも楽しいです。

 

よろしければ次回もご覧ください。